Home>

 ■ HOME



 さんこう社のホームページにようこそ

 近年、電子メディアの発達により本という紙メディアの位置づけが大きく変化していますが、さんこう社では伝統的な書籍の優位性に着目しています。電子媒体は温度や湿度に弱く、数十年の保存は困難です。また、次々に新しい規格が出現するため古い情報を読み出す装置が無くなり、読み出せなくなるという問題があるからです。

 それに対し、上質な紙にインクで印刷した書籍は、和紙に墨で書いた平安時代の古文書のように千年の寿命はなくても、百年単位での長期保存に耐えることができます。また、コンパクトなので持ち運びや保管が簡単で、読むために特別な装置も要りません。

 さんこう社は、大量に生産されすぐに使い捨てられるマスメディアではなく、厳選した貴重な情報を仲間で共有したり未来のために伝えたりするための、付加価値の高いミニメディアを作ることを使命だと考えています。メディアの価値は、それに格納されている情報コンテンツの希少性や創造性、感動性などの総合的な品質で評価されるべきだと思うからです。

 さんこう社は、従来のような、お客様から原稿をお預かりして編集・印刷・製本するだけの受身の出版事業から卒業したいと考えています。誰かに伝えたい大切な情報をお持ちの方のために、最適な形態や配布の方法、表現手法、構成などをご一緒に考える企画コンサルティング、情報の収集や原稿の執筆段階でのお手伝いが大切だと考えているからです。

 さんこう社は、市場性のある書籍の取次店経由による書店の店頭販売やインターネットによる通信販売も受託しています。どうぞお気軽にご相談ください。



株式会社さんこう社
代表取締役
 野島善孝
         
(⇒野島善孝のブログへ)
 [お問合せ]
   sanko@za2.so-net.ne.jp 0422-52-1133 0422-52-0248


クイックメニュー








 <書籍販売ページを分野別に分けました>


  ① 現代小説・時代小説・児童小説
  ② 評論・エッセイ・記録
  ③ 古典文学・芸術・自然科学
  ④ 生活・情報
  ⑤ 絵本・漫画

 <新刊書・おすすめの本>



2018年4月1日発売!



漆黒の月
長崎原爆投下からの九日間
森 成人 著

長崎の被曝二世が、父と叔母の証言を基に描く原爆投下から九日間の、ある家族の軌跡。
ここには、核の脅威が進む今だからこそ、忘れてはいけない世界がある。

  
●定価1,200円+税

⇒ 詳細を見る





黒白寺社

関 藤清 著


中国人写真家が日本の古い建築に魅せられて、全国の寺院、神社100余箇所を訪ねて撮影した写真集。
同じ東洋人による、新たな視点による日本の美と技の数々がここにある。


●定価 2,800円+税

で詳細を見る






古典和歌の面白さを知る
<「てにおは」の巻>

中尾 彰男 著


助詞や助動詞の違いを知れば面白い!!
例えば、疑問の助詞をいわれる「や」と「か」-その違いがわかりますか?
些細に見える違いが分かってこそ、古典和歌の面白さが実感できます!

●定価 1,500円+税

詳細を見る





尾崎放哉の詩
糸井邦夫木版画集

糸井邦夫


尾崎放哉の句の緊張感に惹かれた糸井邦夫が20年にわたって、
円空のようにほりなぐってきた160の版画作品

●定価 1.800円+税

 ⇒詳細を見る





リベラル・アーツとは何か
その歴史的系譜

大口 邦夫


ギリシャ・ローマ時代から辿るリベラル・アーツの系譜。
リベラル・フリー、クリスチャン・ジェントルマンを経て
東京大学教養学部、全額を教養学部とする国際基督教大学への点かいする、
リベラル・アーツの教育理念を真摯に追い求めた労作。
(武田清子、思想史学者)

●定価3.600円+税

詳細を見る


▲このページのトップへ
Copyright(c) 2010-2018 Sanko-sha. All rights reserved. .
当サイトの画像等の無断転載、無断転用を禁止します。